© 2023 by Mel's Vineyard, Ltd. Proudly created with Wix.com

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

TEA

     静岡 本山茶 (ほんやまちゃ)
 
 静岡市を流れる安倍川と藁科川流域は、本山(ほんやま)地区といわれ、江戸時代から上級茶産地として知徳川家康公のご用命により「御用茶」として献上された歴史ある茶産地 です。恵まれた自然条件と栽培・製造技術の改善により上級茶産地としての風格を備え、皆様に親しまれる本山茶(ほんやまちゃ)として愛されています。江戸 時代から見守っているご先祖様達に恥じないようなお茶つくりを目指しています。

 お茶は永年作物です。冬の間充分蓄えられたエネルギーが春のおとずれとともに新芽を大きくします。

生命力あふれる新芽のエナジーを私達は「お茶」として頂いています。

 お茶は、自然の恵みそのもの。その年の(正確に言うとその前の年も)天候の影響を受けます。

もちろん、農家=お茶作りのプロとして可能なか限りの努力はしますが、大自然を相手に人間の力には限界があります。

ワインのように毎年微妙に違う香味を楽しんでいただければ幸いです。

肥料

 

 菜種粕と魚粕を中心にした有機肥料80%以上の自家配合の肥料を作っています。

 手間をかけた肥料は、香りを引き出しスッキリとしたのどごしのお茶を作り出します。

 静岡県は自然に負荷をかけないために肥料の限度を決めています。私はその指導に従い、環境保全に協力します。

農薬散布

 

日本の農薬基準は大変厳しく、使用方法を守っていればヒトにとっては、安全、安心な農産物となります。しかし、環境に負荷をかけること等からできる限り農薬を使わない方が良いと考えるので私は通常の栽培をしている茶農家の半分以下の散布としています。

 自分の子供たちに安心して毎日たくさん飲ませることができるお茶を作ります。

 

               製 造

 

 

 手揉み技術を活かししっかりと揉み込んだ艶のある香味豊かなお茶作りをします。

 自園地の新芽であることで充分に知り尽くした特徴を鑑みることで豊かな香りと嫌味のない味わいのあるお茶を作ることができます。

 また、1999年より発酵茶の製造をして品種の特性を活かしたお茶作りをしています。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now